外の号外 vol.9

外スタッフの中川です。

早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。

2018年、外でのイベントはあと一回。

年内最後のイベントとなるのは、12月8日(土)開催、madeggこと小松千倫によるSELECTEDです。

この日は東京から涌井智仁、外お馴染みのwhatman、soujの変名PHOTON POETRYが出演。この日はライブ、DJ、映像の境界のない日になるでしょう。whatmanは映像も使用するとのこと、PHOTON POETRYは新作EPをリリースしたばかり、先日外に下見に来てライブの構想を聞きましたが、かなり凄いことになりそうです。ぜひ目撃しに来てください!

12月8日(土)

Selected by Kazumichi Komatsu

涌井智仁

小松千倫

PHOTON POETRY

whatman

開場・開演 18:00

予約 2,000円 当日 2,500円

  • 学生証提示で予約・当日共に1,500円

http://soto-kyoto.jp/event/181208/

 

12月中旬以降、外の営業はお休みして、空間現代は年末にかけて京都・東京で相次いで上演される演劇作品『グッド・バイ』に生演奏で出演します。

「外の号外vol.4」http://smashwest.com/2018/02/27/post-599/でもご紹介した、空間現代が大きく影響を受け、京都に移住し外を立ち上げるきっかけになった劇団地点の新作公演。太宰治の遺作となった未完の小説『グッド・バイ』を主軸としたコラージュ作品です。

 

 

空間現代と地点の共作は2013年上演の『ファッツァー』から始まり、通算6作目。今回も、本作のために書き下ろした楽曲で全編を構成しています。

 

12月24日の回は終演後に空間現代によるスペシャルライブが開催決定!

チケットは各プレイガイドにて好評発売中です。

京都、東京それぞれの会場にて、皆様のお越しをお待ちしております。

 

地点『グッド・バイ』

原作:太宰治

演出:三浦基

音楽:空間現代

【京都公演】

12月13日(木)〜12月16日(日)京都芸術センター

【東京公演】

12月20日(木)〜12月27日(木)吉祥寺シアター

詳細:http://kukangendai.com/schedule/1812/

 

「外の号外」2018年最後となりましたが、今年もたくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

1月のイベントも随時ウェブサイトにて公開していますので是非チェックしてみてください。

http://soto-kyoto.jp/

2019年もどうぞよろしくお願いいたします!