【神鳥孝昭のディグごろディグられごろ】第9回

レコード屋や音楽活動を通じて広島や周りの面白い人を【ディグ(掘る)】って紹介する第9回は札幌のthe hatchというバンドをご紹介したいと思います。

 

the hatchはボーカル&トロンボーンの山田碧、ギターのりょうけん、ベースのザキヤマ、ドラムの岩崎隆太郎の4人組みのバンドで共通の友人が居たりしたので、かなり早い段階からチェックしてて、広島に一刻も早くライブでお呼びしたいと思っていたのですが、先日の当店企画ツアー「STEREO RECORDS presents GEZAN、the hatch、踊ってばかりの国 RELEASE TOUR 2019」で1年越しのラブコールが実り、待望の西日本初ライブとなりました。

 

ツアーは山口・福岡・高松・広島と4ヶ所で開催され、全行程の4泊5日を彼らと一緒に共にしたのですが、本当に刺激的な毎日でしたね・・・。車移動の時間が多かったのですが、碧君セレクトの音楽を聴かせて頂きながら色んな音楽の話をしました。

 

例えば・・・

碧「神鳥さん聴かない音楽とかありますか??」

僕「ダンスホール・レゲエとかあんまり聴かないんだよね~」

碧「ではダブステップとか聞きますか??」

僕「ダブステップは結構好きで色々と聴いてたよ~」

碧「最近のダンスホールってダブステップと混じってて・・・例えばこの曲とか聴いてください」

僕「わ!こんな感じなら好きだな~」

 

みたいな感じでジャンルの垣根を一瞬で飛び越えてくるし、僕自身もレコード屋ならではの知識で凝り固まってる頭を揉み解された様な感じで(笑)、今後の音楽の聴き方に影響を及ぼしてくれそうな体験でした。

 

第1回のコラムで紹介したRIKI HIDAKA同様に音楽(ロック)というアートフォームを最大限に活かした作品やライブは、現在の日本音楽シーンでも最高に光っていると思います。

 

そんな彼らのライブを収めた最新動画がこちら。

 

色々と情報量が多過ぎです(笑)!!

まだ体験されてない方は必ずです!!

 

STEREO RECORDS

神鳥孝昭