シロート・クロート・グレーゾーン Vol.5

さて、今回で5回目になります。シロート・クロート・グレーゾーン書きましょう。江頭です。すっかり寒くなりましたね、冬です。

12月になりました。今年最後の原稿です。少し今年を振り返ります。まだ一カ月ほど残っておりますが、皆様にとって2020年はいかがな年でしたでしょうか?去年の今頃って何を考えていましたかね?

2020年はホノルルマラソンに挑戦しようと考えていましたね。ランニングにハマっている頃で、なにか目標を掲げてチャレンジしたいなと。ついでにハワイに家族旅行もできたらエエ感じやん!とか言うてましたかね。節約して資金を貯めなアカンな!と気炎をあげておりました。まぁ、今となってはマボロシ話ですね。

あとはオリンピックですかね。開会式か閉会式か?陸上100メートル?サッカー決勝戦?人気チケットをなんとかゲットしようと、これも気炎をあげてましたね。必死に手当たり次第にWEB抽選に応募したけど、みごとに全部外れたな。でもチケットを手に入れる裏技があるはずと思って情報集めてたな。スポーツ頑張っとる息子と一緒に観戦したらエエ感じやん!とか思いましてね。これもマボロシ話になった。来年もあるかないかわからんけどね。オリンピック。

インバウンドの仕事でけへんかな?とかも考えてたな。飲食店や宿泊施設や観光地だけじゃなくて、クラブとかライブハウスとか、エンターテインメント産業にもインバウンド需要があるはずだ。ということで、大阪産業創造館とかが主催する中小企業向けのインバウント対象商売のセミナーとか、名刺交換会とかに通ったりしてたな。大阪府のナイトカルチャー発掘・創出事業補助金とかにチャレンジしたろ!と、気炎をあげてましたかね。まぁこれもマボロシ話ですよね。

インバウンド向けに忍者ショー×DJとかベタベタな誘い話があったな…そんなんオモロないし、今から思うとサブイな。現状では件のナイトカルチャー補助金は見送りされてしまいましたね。露と消えました。

まっすぐ歩くのに困難したインバウンド山盛り道頓堀とか、ドラッグストアー前に溢れ出したインバウンド山盛り心斎橋筋とか、どこもかしこも、ガラガラガラとスーツケースを引っ張って歩くインバウンドさんで溢れていましたよね。すこし懐かしい。

11月の道頓堀。人が少ない…

なんでか、みなスーツケースにはSupremeボックスロゴのステッカーを貼ってるんですよね。なんなんスカね。そう、スニーカーを爆買いしてる中国人もいっぱいおったなー。

いやー全計画白紙っす。そんな2020年でした。音楽イベントもいっぱい無くなったっすよね。仕事もむちゃくちゃキャンセルあったなー。ありとあらゆるもんが中止とか延期とか。あまりにもキャンセルがありすぎて、途中でテンションおかしくなってきましたねぇ。「キャンセルっすね!了解っす!」とか軽く言うてたな。ボケてますよね。

リモートワークになって週一で事務所に車通勤になったな。緊急事態宣言後の御堂筋とか凄い光景やったなぁ。ほんまに誰もおらんかった。

そうです。時に不安になることもありますが、なる様にしかならない時は静かに状況を観察して、なる様になるまで待ちます。なんとかなるでしょ、たぶん。楽観です。

ということで、今年最後ということもありましてですね、一年を振り返るという意味で、また備忘録的な意味合いもありますが、今年、頻繁に聴いた曲のYouTube番付をして今年の〆とさせていただきます。なんか個人的な感じになりますが、すいません。聴いたことない曲があれば、どうぞ聴いてください。

舐達麻 / 100MILLIONS

一番聴いた曲はたぶんこの曲ですかね。むちゃくちゃ聴いたなこれは。非合法的なスリリングなリリックとGREEN ASSASSIN DOLLARトラック。よいです。夏に40℃オーバーを連発する、日本屈指の暑い街、熊谷をレペゼンされてる方々ですね。リリックの中にも頻繁に熊谷が出てきます。このMVの冒頭風景も熊谷市内ですね。

残念ながら今は閉店中みたいですが、熊谷CLUB Lagoonには仕事で何回か行ったことあります。熊谷いい感じの街で、親近感があります。大阪で例えるならば、国道310号線で堺市内から中百舌鳥あたりの感じと似ています。だれがわかるねんこの例え。

そういえば夏ごろの話なんですが、TBS系のTV番組「水曜日のダウンタウン」が好きで毎週欠かさず見てるんですけど、その日も自宅で見ていたんですが、ロケ地が熊谷市の時にBGMでこの曲が使用されてましたね。半端ないセンス!お茶吹いた。100点。

JUMBO MAATCH / Smoke

昨年末に公開された時にすぐに見ましたが、色々あった2019年だったので思い入れのある曲になり、今でも聴きます。個人的見解ですが自重トレーニングの時に聴くと捗ります。ワンドロップのレゲエなんかもプランクやクランチ系の自重トレーニングに合います。「クゥ~ツラい…」みたいな“やるせなさ”に踏ん張りを効かせてくれます。私だけですかね?ウエイトトレーニングとかは無音で集中。ランニングなどの有酸素トレーニングはBPM 120のオールドスクールなハウスが最強です。音数が少ないやつです。今風な大げさドラムロールのド派手EDMとかはちょっと違います。自重はワンドロップ。話が逸れましてすみません。独断で勝手な意見でした。

JNKMN / Never Forget feat. Taeyoung Boy

4月の緊急事態宣言で、電車通勤から週一の車通勤になり、その他の日はリモートワークにするという体制に切り替わり、一カ月ほど大阪市内まで一時間以上かけて車で通勤していたのですが、ちょうどその時期にJNKMNのアルバムJNKMN NOWが車でヘビーローテーション中だったのです。収録曲のこの曲が高速道路を運転中に流れると、きもちエエな~エモーショナルやな~とか思うわけです。この曲もよく聴いたな。MVも邦画な世界観でとてもよいのです。

REAL-T / SERENA

着眼点…。中毒性。トラックと映像とリリックのバランスですかね、ヒヤヒヤする緊張感。クセ。めちゃ聴いてましたね。この曲。そもそも、去年のSecret LifeのMVがヘビロテだったので、常にこの方の作品はアルゴリズム的にはYouTubeでお勧めされるわけですが、

REAL-T / Secret Life

家のリビングのTVでYouTubeを見ていたところ、冒頭のインパクトなリリック「コッテコテの身なりと面構え~刺青はスーパー銭湯入られへん」これを子供がマネして歌うようになったんですね。これはアカンなって思いまして、それ以来、家ではMV見ないようにしています。息子は小3ですが、そろそろ、わかってくるんですよね、いろいろと。息子よ、まだすこし早い。君はまだParental Advisoryだ。リアルにそれを感じたのであります。

いやはや、個人的な感想なのですみません。知らない曲があったらチェックしてみてください。知らなければ、それはあなたの知らない世界かもしれません。自社の所属アーティストのMVも今年もいろいろリリースはありましたが、それは手前味噌かな?と思いましてですね、割愛いたしました。

最後になりましたが、むちゃくちゃ久々にイベントします。今このコロナ禍のなか、キャパシティーが半分に制限されている大阪Zepp Nambaで行います。演者の皆さんには久々に大きなステージで暴れ回って欲しいと思っています。この原稿を書いている11月24日の段階では、まだ大阪府などからはイベント自粛要請などのお達しは出ていませんが、北海道の札幌市では外出の自粛要請がでたりしていますね。

実際のところ当日の大阪の状況はどうなるのかわかりませんけど、きっちりとしたソーシャルディスタンスな対策もしておりますし、消毒などの対策もしておりますので無事に開催できることを願いつつ、今年最後のコラムとさせていただきます!

12月24日(木)
ZUMZUM CHANNEL FES
開場18:00 / 開演19:00
会場:Zepp Namba
お問い合わせ カエルスタジオミュージック
(13:00~19:00) 06-6636-0226
出演 RED SPIDER / KENTY GROSS / APOLLO / NATURAL WEAPON

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少し早いですが、来年もよろしくお願いいたします。皆様の2021年が素敵な年でありますように。

では最後にどうぞ。

BUJU BANTON / Batty Rider

ありがとうございました。

江頭 善史 (カエルスタジオミュージック)