VINYL日和見日記〜其の15

10月です。私と味園ビルのBAR「No.B」の店主NOB君がDJを務めるYes FM「サケのアテのラジオ」は10月バージョンがスタートしておりまして、選曲テーマは「カバーソング」です。
最近のカバーソングの話題といえば9月に発売されたCRAZY KEN BANDの「好きなんだよ」、と、Original Love初のオフィシャルカバーアルバム「What a Wonderful World with Original Love」。CKBの方は剣さんのフェイバリットであろう70’s〜90’sの邦楽をカバー。一方、Original Loveの方は同バンドをリスペクトするアーティストが集いOriginal Loveの名曲をカバー。いや〜これどっちもアナログで欲しいなー。どちらもユニバーサルということですが、何とかお願いしたいところです。さて、カバーソングといいましても、無限に有りすぎるのでどう選ぶか困ってしまうもので、たとえば「女性歌手の曲を男性がカバー」とかテーマがほしいぐらいです。とはいえネタには困らないので、持ちネタから、なかなかのレア盤7インチをご紹介したいと思います。

<タモリのワーク・ソング / タモリ>


1981年リリースのぴっちり頭時代のタモさんのアルバム「ラジカル・ヒステリー・ツアー」に収録のシングルカット曲は、JAZZスタンダード「Work Song」のカバー。こんなふざけた(いい意味で)レコードが作れるものやっぱレコード会社も余裕あったんかな〜。アレンジはJAZZというより、JAZZ FUNKな印象。間奏の超絶サックスソロもイケております。

<丸の内サディスティック / UNCHAIN>


京都は丹後出身のバンドUNCHAINのカバーアルバムからの7inch。丸の内サディスティックはDJでかけてると結構な頻度で「これ誰ですか?」と聞かれます。歌唱力も抜群だしバンドアレンジも最&高。ちなみにB面はJamiroquaiのVirtual Insanityで、こちらもいい感じです。このカバーを入り口にオリジナルも聴き始めましたが、アルバム LIBYAN GLASS是非オススメしたい!とにかく歌と演奏が素晴らしいので何やってもハマりますな。もっと売れてほしいです。

<SWEET SOUL MUSIC / 上田正樹>


Sweet Soul Musicは言わずもがなのRCサクセションの名曲ですが、そもそも上田正樹の為に書き下ろされた曲で、アレンジに不満を感じた忌野清志郎がセルフカバーしたそうですね。僕もRCのバージョンを先に聞いていましたが、この上田正樹バージョンもブリッとしたぶっとい感じで良いと思うんですがね。清志郎はアレンジのどこが気に入らなかったのでしょうね?

<イングリッシュマンインニューヨーク / 荻野目洋子>



あの荻野目ちゃんによるスティングの名曲カバーです。この曲だから「おっ」って反応になりますけど、もともと「ダンシング・ヒーロー」や「ヴィーナス」など洋楽カバーを結構歌われてますよね。ちなみにこの7インチは、ノベルティーで作られたNOT FOR SALEもので、B面はローレン中野の「愛がすべて Can’t Give You Anything」が収録されているなかなかパンチのあるレコードです!

私と味園ビルのBAR「No.B」の店主NOB君がDJを務めるYes FM「サケのアテのラジオ」の10月バージョンがスタート。ここでご紹介したもの以外の曲も交えてのMIXをオンエア。そちらも是非お聞きください。

Yes FM「サケのアテのラジオ」
毎週水曜日22:00〜 / 毎週日曜日20:00〜
番組HPはこちら↓

https://www.yesfm.jp/prgcat/sakeate


番組はFM++のアプリをダウンロードすればいつでも聞くことが出来ます

https://fmplapla.com/yesfm/

ノンスモーキー山口のMIXCLOUD↓